日本での育毛剤の歴史

日本での育毛剤の歴史はどうなっているのでしょうか。
けん引してきたのは加美乃素本舗という老舗です。1932年には世界に先駆け養毛剤「加美乃素」を販売したことで知られ、以後、ヘアケア製品の製造販売を広く手掛けています。これは頭皮の血流促進によって発毛を促す目的の商品であり、今でもたくさんの人に愛用されているものです。

日本の育毛剤は頭皮環境を整え、発毛しやすくなるようにするものがほとんどで発毛効果自体はあまり重視されていなかったのですが、この歴史を変えたのがおなじみの「リアップ」です。リアップは海外で発見されたミノキシジルを使って商品化されたもので、1999年に発売されました。日本のメーカーが作ったもので発毛効果が認められた育毛剤はリアップだけです。

以上まとめると、日本の育毛剤は、加美乃素本舗が中心でしたが、頭皮環境を整えることで発毛を促す目的で開発された製品でした。
この歴史は、科学的に発毛性効果が認められた成分ミノキシジルを使用したリアップの登場で大きく変わった。このように理解しておきましょう。
日々世界中で様々な有効成分の発見、開発が進められていますが、日本でも、各メーカーがしのぎを削っています。現在では髪が生えるメカニズムを元にした育毛剤なども販売されています。
日本でも、育毛剤の開発がもっと進むことを期待しましょう。